ウレタンフォーム等の中空材料、中空シート、中空カプセルなどといった中空部材の製造方法は数多くあるが、高圧下での気体溶解プロセスが必要であり、多くのエネルギーを必要とすることが課題となっていた。 本発明により、製造プロセスから、高圧で気体を溶解、発泡させるプロセスをなくし、代わりに低圧状態で溶媒中に多数の気泡(気泡径1~10μm)を含む『発泡溶液』を作成し、溶媒を蒸散させつつ成型を施すことで、大きくプロセス効率を向上させることが可能になる。